降圧剤は、その薬に含まれている成分が体に作用をもたらすことで、血圧を下げる役割を持った薬です。
降圧薬を飲んだからと言って高血圧が完治、改善すると言うわけではなく、あくまでも作用が及んでいる間は、血圧が抑えられると言う点に理解しておく必要があります。
そのため重度の高血圧になると、ほぼ生涯にわたって降圧剤を飲み続けなければならない場合もあります。
高血圧治療薬降圧剤にはいくつかの種類があり、それぞれ体内にもたらす作用は異なります。

まずβ遮断薬と呼ばれる降圧薬です。
この薬には、心臓の過剰なポンプ作用、全身に血液を送り出そうとする働きを抑える作用があります。
心臓から送り出される血液量が多ければ、それは血液量の増加にもつながり、結果として血管に対する負担も大きくなります。
よってそれを防ぐことで、血圧の上昇を防ぐことができると言うわけです。
ですからこの薬を服用した後の体内では、心臓の収縮が穏やかになる、そして全身に送り出される血液量が減少すると言った変化が起こると考えられます。

それから利尿剤です。
血中の余分な水分の排出を促進する作用がありますから、これを服用した後には、腎臓の働きに変化が及びます。
そして目に見える変化としては、尿量が増える、排尿回数が増えると言ったことが挙げられます。
また血管を収縮する作用がある物質が働くのを、またはその物質が作られるのを阻害することで、血圧の上昇を防ぐ降圧剤もあります。
これらの薬を服用した後には、体内では血管の様子に変化が生じることが考えられます。
血管が拡張されることで血流が促進され、血圧が安定します。
降圧剤を服用した後に起こり得る体の変化は、時には副作用と言う形で出てくる場合もあります。
ですから降圧剤の服用にあたっては、どの薬を選択するのかも含めて、医師とじゅうぶんに相談をすることが必要です。

アーカイブ