降圧配合薬カムシア配合錠「サンド」の開発について

食塩摂取過多、食生活の欧米化に伴うメタボリックシンドロームの増加などによって高血圧症の患者は年々増加傾向にあります。
血圧が140/90mmHg以上になると高血圧症に分類されますが、近年は若年層においても健康診断でこの高血圧症と診断されるケースが多いです。
高血圧症は長い年月を経て、血管が徐々に傷ついていき、いずれ動脈硬化や動脈瘤ができ、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、狭心症、心筋梗塞などを引き起こします。
さらには高血圧状態の持続によって腎機能も低下してしまいます。
こういった重大な病気になってしまう前に早めに高血圧症治療の手を打つ必要があります。
主に行われる高血圧症治療は降圧剤による薬物療法です。

「サンド」の開発について説明する男性降圧剤には、よく第一選択薬として使用されるカルシウム拮抗薬やARBの他、ACE阻害薬、β受容体遮断薬、利尿剤など様々な種類のものがあり、患者さんの体の状態に応じて使い分けが行われます。
また降圧剤同士を併用する事例も多くみられます。
ただこうなると飲む薬の数が増えてしまい患者さんの負担が大きくなってしまいます。
その負担を軽減するために近年よく配合剤が作られています。
よく処方されるものがカルシウム拮抗薬とARBの配合剤です。

その中でも代表的な薬がユニシアです。
ユニシアはブロプレスの有効成分カンデサルタンとアムロジンの有効成分アムロジピンの配合剤となっています。
アムロジピンの配合量の違いによって、アムロジピン量の多いHD錠と少ないLD錠が存在します。
このユニシアも特許が切れたため、HD錠、LD錠ともにジェネリック医薬品が発売となっています。
これがカムシア配合錠です。
サンドというジェネリックメーカーが作った製品がカムシア配合錠「サンド」です。
これができることによって患者さんの金銭的負担、飲むことへの負担の両方が軽減されます。